月の兎4

第4回目からからテーマを設定するようになり、この回は「レクイエム」。
関西に生まれ育った以上、風化しようにも風化できない様々なものがいまだここそこにこびりついていると感じる。
作品は「筆談セックス」「アラジン」「沈黙」。
初めてご来場者が10人を超し、発表後の会場内での会話は各人の震災にまつわる記憶にも発展した。