月の兎12

テーマは「リズムと理詰め」。
作品は「すらない」「暗夜行」「北風と北風」「憎悪(パーカッションコラボ版)」。
スペシャルゲストに打楽器奏者の風間晴賀さんを迎える。
「憎悪」は音読ライブで初めてとなる音読作品と打楽器演奏のコラボを実現。
まだまだ奏者の魅力を引き出せていないという安藝の側の実力不足が浮き彫りに。
作品の精度、イベント自体の面白さ、に加えて、作品作りでの協業の難しさもあり、反省点は少なからず残るものの、今後音読という活動のテーマになりそうという意味では有意義な実験に。